1. TOP
  2. エクササイズ
  3. Nike Running を5年間ユルく使ってみて

Nike Running を5年間ユルく使ってみて

数ある iPhoneアプリ の中で、私が使用しているのはごく僅かです。
その中でも更に使用頻度が高いものは、私の iPhone6 Plus のホーム画面に全て収まる程度です。
そして更にその中から、今日は私が5年間使用してきた Nike Running を紹介します。

Nike Running は、文字どおり、スポーツグッズメーカーのNikeが開発・提供している iPhoneアプリで、日頃のランニング、ジョギングの距離やタイムを、GPSや加速度センサを用いて記録していくものです。

160131_nikerunnning_1

私はこのアプリを使用し始めてから2380kmを走破しました。
仕事の合間や休日を使用して、本州の端から端くらいまで走ったコトになるのか…5年かけて…と、感慨に浸りながらラム酒を飲む。そんなコトができます。

160131_nikerunning_6

ちなみにコレが、最も古い記録です。標識と道路のマークがついているのが屋外でのジョギング、一番上で少し切れてしまっているのが、分かりにくいですがトレッドミルのマークで、屋内のトレーニングを意味します。GPSを使用すると当日現地の天気も記録されていて、詳細を見るとその日のジョギングの風景や感情が蘇り、感情から記憶を辿ると、その日にあったジョギング以外の出来事まで思い出されたものもありました。

160131_nikerunning_7

蓄積されて嬉しいのは、大会の記録です。2011年3月6日に、初めてハーフマラソンの大会に出場した思い出が残っています。大会の記録は、ひとつずつマイルストーンが置かれていく感じがして、継続してトレーニングしよう、また大会にエントリーしよう、という気持ちが高まります。

160131_nikerunnning_4

コレは昨年、下関市で開催された「海響マラソン」の記録です。
前日に友人の結婚式・披露宴に出席し、しこたま飲んでも完走できた、男の勲章的な記録です。

160131_nikerunnning_5

GPSを使用したマップが表示されるのは大きな魅力のひとつです。
1kmごとの位置やペース配分がわかるので、記録更新を目指す方はシリアスに自身の走りを分析できますし、「この辺りキツかったんだよな…!」「ココで応援してもらってからペース上がってるな…」といった、思い出を蘇らせるのに大変役立ちます。

160131_nikerunnning_2

コレは2016年1月のトレーニングの記録です。1ヶ月間で56km走りました。
…と、なるほどそうですか。

160131_nikerunnning_3

そして、コレは2015年1月の記録です。1月9日以降、仕事が忙しくて走ってなかったようです。合計で12kmしか走れていないうえに、1回辺りの走行距離も3kmだけです。
今年は昨年よりもコンスタントにトレーニングできているし、仕事もサバけている、というコトでしょうか。しかし最近は外で走れてないですね…

…と、このように、ただアプリを起動させてランニングするだけで、毎回ランニングの内容をノートに書き留める几帳面なやり方よりもはるかに多くの、その日のランニングに関する情報が記録され、設定によってはiTunesのプレイリストから応援ソングを再生してくれたり、TwitterやFacebookにポストしてくれたりと、ランニングに関する機能が至れり尽くせりです。

アプリは無料ですので、iPhoneを使用していながら、漫然とランニングしてた…って方は是非App Storeで!